HPを公開しました

昨年2020年より、本格的にM&A事業の活動を広げてまいりましたが、おかげさまで提携先企業様、新規の買い手・売り手候補の企業様との契約締結が増えており、ようやくホームページを開設させていただく運びとなりました。改めまして、どうぞよろしくお願い致します。

代表は営業出身ですが、M&Aアドバイザーというのも営業力というのは必須のビジネススキルだと感じています。案件ごとに「一体どんな企業様にM&Aしていただくとシナジーが生まれるのか?」「どんな企業様がこの会社(売却企業)に関心をもつだろうか?」と仮説を立てて、枠にとらわれない発想で買い手候補となりそうな企業をリスト化し、アプローチしていきます。「本当に買収すべきか?」という視点に立って、売り手・買い手の事業計画も考えた上でサポートする点は、ソリューション営業力に近いものがあります。

営業職と違うなぁと感じる点として、じつは新規企業様とのリーチのしやすさがあります。特に、買い手候補となりうる新規の企業様へはテレアポを含め新規でご連絡することも多いのですが、これまで過去に経験してきたIT関連営業や、人材広告営業よと比較すると、正直、簡単に感じてしまいます。「簡単」というと語弊があると思うので、すこし違う言い方をしますと、新規の企業様に初めてのコンタクトをした際に、すんなりアポイントがとれることが多く「M&A案件に関心の高い企業様が、非常に増えているから、多くの経営者が情報を欲しているんだな。」と日々実感するのです。営業でテレアポの苦労をした経験がある分、ありがたい気持ちでいっぱいになってしまいます。それだけM&Aの情報は市場が強く求めているのだと感じます。

同時に、M&Aビジネスのプレイヤーも多くそれぞれの主義主張や方針がさまざまのため、「何が正統派か」というのも曖昧で、情報も千差万別である様子を企業様から伺い知ることがあります。だからこそ、信頼できる提携先と、丁寧な仕事をして、M&A業者への悪評がある場所にメスをいれられたらなぁと、ミジンコレベルの微力ながら、思っている日々です。